FAX注文はこちら
  • この夏きっといい思い出作り 鮎のつかみどり 大人も童心にかえって大はしゃぎ。掴んだ鮎は持ち帰りもその場で調理もできます!
  • ご家庭やおあつまりに。鮎の活け〆 ピチピチの活鮎を新鮮なまま氷で〆て、風味をそのままお届けします。
  • 鮎一筋50年の歴史 清流の国ぎふの冷たい地下水で真心と愛情を込めて育てています。

はじめまして、高田水産です

50年ほど前、養殖のおもしろさにひかれ、ニジマスやアマゴ・鮎など いろいろな魚の養殖をはじめました。
現在は 鮎一本にしぼって、 稚鮎、放流、活魚として出荷する傍ら、養魚場直営で鮎つかみどりや鮎料理もお出ししています。
わたしたち高田水産は健康で、おいしい、天然に近い鮎づくりを目指す【鮎の専門店】です。

先代と現主人との写真

高田水産の鮎がおいしい理由

川の風景写真

清流の国ぎふの豊かな地下水は、冬はあたたかく、水温が17℃ですが、夏は12℃~13℃と水が冷たくなります。 私達は自社でふ化した鮎の赤ちゃんを、秋から翌年の夏までかけて冷たい水の中でゆっくりと育てています。 井戸水の温度も下がり選別の手もかじかむほどですが、その分、身がしまっておいしい鮎になるんです。

鮎の写真

わたしたちがお届けしています

鮎の赤ちゃんはかよわく、大事に育てないとすぐ死んでしまいます。孵化棟の担当はひとりです。

たとえ従業員でも、シャワーを浴びて、全身を着替えてからしか、立ち入りはできません。

鮎種苗として、他社の養魚場様にお売りし、また、自社でも育てますので、クロレラなどをしっかり摂取したワムシを与え、できるだけ薬などを与えないで丈夫に育つよう、気を配っております。

皆様に本物の味をお届けします。ぜひ一度ご賞味下さい。

主人とパートさんの写真

お店からのお知らせ

鮎の直売は、鮎がなくなるまでやっています。例年は9月下旬までです。終了はまたお知らせします。
30年度、あゆのつかみどり、鮎料理は、9月1日、2日、8日、9日で終了いたします。
ご愛顧ありがとうございました。
12月23日から1月8日まで、発送はお休みいたします
つかみどりと直売の鮎の専門店 高田水産 オープンしました

鮎のつかみどり体験

高田水産へのアクセス

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

モバイルサイト